大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、イベントが中止・延期になる場合がございます。 お出かけの際は、直接主催者へご確認ください。
    (2021.10.1時点)

※当サイトに掲載している情報はイベント主催者からの情報を元に作成しております。

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

51 ~ 60件/241件を表示

美術・工芸・デザイン・映像 <作品募集終了>札幌ドーム開業20周年記念絵画展(兼 第11回こども絵画展)

目的:
こどもたちをはじめ多くの皆様に、スポーツや文化への関心を高めていただくため。
また今回は、札幌ドームが20周年を迎えられた感謝を広く周知するとともに、より多くの方に札幌ドームに愛着を感じてもらうことも目的とする。

具体的内容:
札幌ドーム20周年事業の一環として、「札幌ドーム」をテーマとした公募絵画展を実施し、応募作品を札幌ドームに展示。
応募作品は、有識者を交えて審査し、入賞者については表彰するほか、賞状及び副賞を贈呈する。


日程 2021/10/01(金) ~ 2021/11/30(火)
応募作品は 10月中旬頃~11月末の期間(予定)、札幌ドームに展示いたします。
開催場所 札幌ドーム

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 北海道博物館 第18回企画テーマ展 アイヌのくらし

アイヌのくらし-時代・地域・さまざまな姿

激しく移り変わる時代のなか、今日までその歴史をつないできた日本の先住民族アイヌ。
本展では、時代や地域、作成者や使用者が明らかな「モノ」を起点として、その背後にあった人びとのくらしを紹介します。
これまで現存する資料の存在がほとんど知られてこなかった北千島アイヌのロシア風衣服ほか、約350点を展示。


展示構成

序章:歴史の中のアイヌ工芸
第Ⅰ章:北海道 日本沿岸の人びと
第Ⅱ章:北海道 オホーツク海沿岸の人びと
第Ⅲ章:アイヌ社会と和人社会の「交易」
第Ⅳ章:北千島の人びと
第Ⅴ章:北海道 太平洋沿岸の人びと
第Ⅵ章:群馬のケズリバナとアイヌのイナウ

日程 2021/10/16(土) ~ 2021/12/12(日)
開催時間:09:30~16:30
■前期:10月16日(土)~11月14日(日)
■後期:11月16日(火)~12月12日(日)
[入場は16:00まで]

開催場所 http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 四人展 「明日への歩み」

四人展 「明日への歩み」を開催いたします。ご鑑賞ください。

●大谷美由紀
●内藤 克人
●永井美智子
●細木 博子

日程 2021/10/18(月) ~ 2021/12/17(金)
開催時間:09:00~17:00
最終日は16:00まで
※土日祝休館
開催場所 まるひこアートスペース和(なごみ)

続きを読む

その他 <受講者募集>縄文遺跡群 ボランティアガイド養成講座

【2021年度後期日程】受講者募集のお知らせ

 2020年1月にユネスコへ推薦された「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、このたび世界文化遺産としての登録が実現しました。今後、北海道の縄文遺跡や関係の博物館などを訪ねる人も大幅に増えることが予想される一方、来訪者に対し、遺跡の内容を伝える地元の人材は不足しています。
 このため、昨年に続き、北海道の縄文遺跡の内容・特徴とその価値を総合に、またわかりやすく解説できるボランティアガイドの養成講座を開催します。ガイドとしての活動を希望される方はもとより、広く縄文遺跡・文化とその情報発信、普及活用に御関心をお持ちの方の受講をお待ちしております。

・定員はオンライン受講 100名
・ホスト会場での対面受講 20名 (いずれも申込順)

※詳しくはHPをご覧ください。
 





















日程 2021/10/14(木)
開場時間:09:30
開演時間:10:00
第4回講座(現地)
集合場所:史跡キウス周堤墓群駐車場 千歳市中央1473-1
実技指導:史跡キウス周堤墓群のガイド活動
見学:史跡キウス周堤墓群発掘調査状況ほか
ガイド実習:来訪者への対応
指導者:千歳市教育委員会
埋蔵文化財センター調査文係長 直江康雄 ほか

2021/11/06(土)
開場時間:09:30
開演時間:10:00
第5回講座(現地)
集合場所:史跡高砂貝塚駐車場 虻田郡洞爺湖町高砂町63-1
実技指導:史跡入江・高砂貝塚の特徴と価値
見学:史跡入江・高砂貝塚、同貝塚館
ガイド実習:来訪者への対応
指導者:洞爺湖町教育委員会
社会教育課主任  澤野慶子

2021/11/20(土)
開場時間:09:30
開演時間:10:00
第6回講座(オンライン)
ホスト会場:北海道自治労会館第4会議室 札幌市北区北6条西7丁目5-3
講義1:縄文遺跡群の登録決議内容をどう読むか
講師:北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授 田代亜紀子
講義2:世界遺産「知床」でのガイド活動
講師:知床アルパ(株)代表取締役 笠井文考



2021/12/09(木)
開場時間:09:30
開演時間:10:00
第7回講座(現地)
集合場所:恵庭市郷土資料館  恵庭市南島松157-2
実技指導:恵庭市の縄文遺跡の特徴と価値
見学:島松沢8遺跡・郷土資料館展示室ほか
遺跡までの往復は借上げバスに乗車いただきます。
ガイド実習:来訪者への対応
指導者:恵庭市教育委員会
郷土資料館主査(学芸員) 長町章弘


2021/12/18(土)
開場時間:09:30
開演時間:10:00
第8回講座(オンライン)
ホスト会場:道立道民活動センターかでる2.7 940研修室 札幌市中央区北2条西7丁目
講義1:アイヌの歴史・文化に関する質問に答える
講師:国立アイヌ民族博物館研究主査 鈴木建治
講義2:観光地域づくりと縄文遺跡群の可能性
講師:(株)北海道宝島旅行社観光地域づくり部  部長  菊地敏孝

開催場所 まちのこそだて研究所gurumi

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 <一部会期変更>つむぐ ーフライヤーでふりかえる hitaru & SCARTSの3年間

「つむぐ-フライヤーでふりかえるhitaruとSCARTSの3年間」は、SCARTS調査研究事業として、
これまで2年間にわたり調査を行ってきた「アーカイブ」をもとに開催するアーカイブ展・オンライントークイベントです。


2021年10月、市民交流プラザは、オープンから3年を迎えます。
そこで、札幌文化芸術劇場 hitaru、札幌文化芸術交流センター SCARTSの主催事業を振り返る機会として、
わたしたちが試行錯誤しながら創り上げた事業の広報ツールであるフライヤーによるアーカイブ展を
西2丁目地下歩道にて開催します。

また、アーカイブ展と同時に、昨今の文化芸術を取り巻く環境における変化のひとつである
動画配信による文化芸術鑑賞の機会の広がりを背景に、知っておくべきライブ配信やアーカイブ配信に関する法律について専門家とともに考えるオンライントークに加え、プラザ職員による3年間の歩みを振り返るディスカッションもオンラインにて開催します。

●アーカイブ展:西2丁目地下歩道壁面
●オンライントーク:札幌市民交流プラザ公式YouTubeにて配信

※緊急事態宣言延長に伴い、アーカイブ展の会期延長および
一部オンライントークイベントの配信期間を変更いたしました。





日程 2021/09/24(金) ~ 2021/12/26(日)
開催時間:09:00~17:00
アーカイブ展/詳細
アーカイブ展「つむぐ-フライヤーでふりかえるhitaruとSCARTSの3年間」
●日時
2021年9月24日(金)~12月26日(日)まで会期延長

●会場
西2丁目地下歩道壁面
休館日を除く

2021/10/01(金) ~ 2021/10/15(金)
オンライントーク①
「ライブ配信・アーカイブ配信のための著作権セミナー」
●日時
2021年10月1日(金)~10月15日(金) ※限定公開

●視聴方法
事前申込制(申込者のみの限定公開)※申込開始日:2021年9月1日(水)
詳細はSCARTSウエブページへ

●出演者
安藤 和宏(東洋大学法学部教授)
杉浦 幹男(アーツカウンシル新潟プログラムディレクター/モデレーター)

オンライントーク②
「つむぐ-フライヤーでふりかえるhitaruとSCARTSの3年間」を通して考えるアーカイブ」

●日時
※一般公開 ※11月以降に配信予定
●視聴方法
配信日については、決定次第ご案内いたします。

●出演者
髙橋 秀典(札幌文化芸術劇場 チーフプロデューサー)
樋泉 綾子(札幌文化芸術交流センター SCARTS キュレーター)
岩田 拓朗(札幌文化芸術交流センター SCARTS テクニカルディレクター)
淺野 隆夫(札幌市中央図書館利用サービス課長)
福津 京子(インタビュアー/モデレーター)
オンライントーク①
事前申込制(申込者のみの限定公開)※申込開始日:2021年9月1日(水)
詳細はSCARTSウエブページへ

オンライントーク②
視聴方法
SCARTSウエブページにて配信URLをご案内します。(9/28公開予定)



開催場所 札幌文化芸術交流センター

続きを読む

書道・文学・写真 中央図書館所蔵資料特別展「新聞に見る北海道アラカルト」

札幌市中央図書館では、昨年11月に市内在住の東北北海道歴史研究家である下斗米哲明(しもとまいてつあき)氏より、主に2000年以降に道内外で発行された新聞号外約3000点の寄贈を受けました。号外は、災害やスポーツなどその時々の重大な出来事を知らせるツールとして根強い人気があり、また時代を物語る資料として貴重なものであります。

本展では、北海道の新聞の歴史を辿るとともに、寄贈された号外をテーマに沿って展示し、普段なかなか見る機会のない貴重な資料やグッズなどもご紹介します。

【オンライン講演会のお知らせ】
号外の歴史と道民が沸いた号外あれこれ
講師:しゃべりべ講談師 下斗米 哲明氏
・今年度は、講演会をインターネットで配信します。中央図書館のホームページ
 からご覧ください。また、中央図書館2階の視聴覚コーナーで見ることができ
 ます。(貸出用はありません)

日程 2021/10/14(木) ~ 2021/12/07(火)
 
平日   8:45~20:00
土日祝  8:45~17:00
※毎週第2・4水曜日は図書館の休館日ですが、展示はご覧になれます。  (8:45~17:00)

2021/11/05(金) ~ 2021/12/28(火)
オンライン講演会
開催方法:インターネット配信およびDVDによる館内視聴

開催場所 札幌市中央図書館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 札幌美術展 佐藤 武

北海道千歳市に生まれ、現在札幌市と石狩市を拠点に活動する佐藤武(1947-)は、1980年代前半より、荒涼とした大地に塔や遺構を配した無人の都市風景を描いています。これらは旅行で訪れたインド西部の城塞都市ジャイプル、とりわけ同地の天文台遺構を着想源とするものです。以来、画家は、都市上空に浮遊する建造物や石棺、光線により崩れゆく塔など、さまざまなモチーフを取り入れて、白いキャンバスに静寂の都市を構築してきました。

本展では、色鮮やかで装飾的な人物像や室内画を手掛けた初期作品をはじめ、作家の代名詞ともいえる、ある一瞬をとらえた都市風景や、上空を切り裂く一筋の線を中心に展開する最新作に至るまでを紹介し、これまでの画家の歩みを振り返ります。また絵画のみならず、近年意欲的に制作している立体作品や写真、長きにわたり取り組んできた詩をあわせて展示することで、作家の制作に通底する世界観を提示し、多彩な創作活動を続ける作家の全貌に迫ります。

佐藤武(1947~)SATO Takeshi 

北海道千歳市生まれ。独学で油彩画に着手して以来、北海道における具象絵画の分野を牽引してきた。「第5回上野の森美術館絵画大賞展」特別優秀賞(1987年)、「イメージ・動―北海道の美術 ’88展」道立近代美術館賞(1988年)、「第11回青木繁記念大賞公募展」優秀賞(2002年)など、常に高い評価を得ている。

また若い頃より詩作にも熱心に取り組み、近著は、第23回日本自費出版文化賞・詩歌部門賞(2020年)を受賞し、幅広い分野で才能を発揮している。

日程 2021/10/09(土) ~ 2022/01/10(月)
開催時間:09:45~17:00
休館日:10月無休、11月3日以降月曜休館、年末年始(12月29日~1月3日)
入館は16時30分まで
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【会期変更】第3回本郷新記念札幌彫刻賞受賞記念 高橋喜代史展 言葉は橋をかける

第3回本郷新記念札幌彫刻賞受賞者の受賞記念展。第3回同賞を受賞した高橋喜代史(1974-)は、異なる領域の橋渡しをするべく現代美術を手がける北海道出身の美術家。書道と漫画を造形の源泉とし、記号化された文字や言葉の多様性をテーマの軸に据えて表された立体、平面、パフォーマンスの数々を紹介する。

日程 2021/09/11(土) ~ 2022/01/16(日)
開催時間:10:00~17:00

休館日
月曜日(祝日等の場合は開館し、翌日休館)、年末年始(12月29日~1月3日)休館)、1月11日(火)
※9月11日(土)~9月30日(木)臨時休館
最終入場時間 16:30
開催場所 本郷新記念札幌彫刻美術館

続きを読む

書道・文学・写真 <申込受付> <募集>キラリ!さっぽろ公園30選 2021

フォトコンテスト「キラリ!さっぽろ公園30選 2021」を開催します。
札幌市内の公園・緑地で撮影した、公園の魅力、緑や花の美しさ、憩いのひととき、自然とのふれあいなどが伝わる作品を募集します。

●主な札幌市内の公園・緑地
大通公園・創成川公園・中島公園・豊平川緑地・円山公園・旭山記念公園・百合が原公園・モエレ沼公園・川下公園・北郷公園・厚別公園・豊平公園・平岡樹芸センター・西岡公園・西岡中央公園・月寒公園・吉田川公園・平岡公園・清田南公園・滝野すずらん丘陵公園・農試公園・発寒西陵公園・前田森林公園・星置公園・明日風公園・山口緑地・手稲稲積公園・北発寒公園・前田公園など

※ここでの「緑地」とは、樹木や草花などの「緑」で覆われた土地を指すのではなく、都市公園の種類としての「緑地」を指します。

受付期間 2021/08/04(水) ~ 2022/01/26(水)
日程 2021/08/04(水) ~ 2022/01/26(水)
開催場所 公益財団法人札幌市公園緑化協会

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 シンクスクールジュニア

シンクスクールジュニアは、まちづくりやアートなどクリエイティブな分野で活躍している講師から学びながら、子どもたちの想像力を育てるスクールです。作品をつくったり、ディスカッションしたり、様々なお仕事を体験することで、多様な価値観にふれ自分の答えを導く力を養います。また、仕事帰りにお迎えに来ていただけるよう、開講日は会場を19:00まで開放することで、都心で働く子育て世帯を応援します。

期間:2021年4月~2022年3月(定員に空きがあれば、随時募集)
授業:月3回・水曜日 ※講師による授業が月2回、事務局との自習授業が月1回の予定
時間:16:30~18:00(16:00~19:00まで会場をお子さん向けに開放/お迎えは19:00まで)
教室:眺望ギャラリーテラス計画(札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんが テラス5F)
対象:9~15歳(小学3年生〜中学3年生まで)

入学金:5,500円(税込)
割引:十街区割…保護者が十街区(北大通から北4条までの札幌駅前通をはさむ東西10ブロック)にお勤めの場合は 入学金を免除。※十街区の範囲について詳しくは コチラ をご覧ください。
教室受講コース (月謝6,600円・税込)
月に3回、教室で授業に参加いただきます(定員10名・先着順)
オンライン聴講コース (月謝3,300円・税込)
月に3回、ご自宅などからオンラインで聴講いただきます(定員なし)
※「ラボの日」は、考えや技術を深めるために、さまざまなプログラムを行う授業日です。
●1日無料体験…お一人さま1回に限り、無料で1日受講できます。
●3コマ体験入学…3コマを半額の3,300円(税込)で受講できます。

日程 2021/04/01(木) ~ 2022/03/31(木)
開催時間:16:30~18:00
※要申込、受講コース(定員10名)オンライン受講コース(定員無し)

開催場所 眺望ギャラリー「テラス計画」

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ