大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

書道・文学・写真

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

1 ~ 10件/39件を表示

書道・文学・写真 一般社団法人 日本写真文化協会 「第63回全国展フォトコンテスト発表展」

豊かな自然や平和な人々の営み、受け継がれる文化・慣習など、写真を通して現在ある日本の姿を共感・共有するために開催している全国写真展覧会こと「全国展フォトコンテスト」の第63回発表展となります。今回は、新設された第4部「学生の部」も加わり、展示作品はカラー、黒白写真合わせて113点を展示。内閣総理大臣賞1点、文部科学大臣賞2点など上位入賞作品26点に加え、入選72点、優秀賞15点となります。
 審査員は順不同で写真家の熊切圭介氏、写真家の田沼武能氏、「フォトコン」編集長の藤森邦晃氏、日本映像写真専門学校・副校長の山﨑裕二氏、当協会会長の堀恵介、顧問の奥田昇、文化部長の原崎眞一の7名。内閣総理大臣賞には急速な発展を遂げる東京を舞台に、他人への関心を持たぬ人々の様子を捉えた竹田謙二さん(兵庫県宝塚市)の組写真「東京砂漠」、そして文部科学大臣賞2点のうちの1点には、高校2年生の野口花梨さん(大阪府立生野高等学校)の組写真「Silent Blue」が選ばれるなど、写真ならではの記録特性の魅力や美しさを伝える写真や、そして既成概念にとらわれない若者の感性溢れる写真など、見応えある作品がズラリと揃いました。

日程 2017/09/15(金) ~ 2017/09/20(水)
開催時間:10:00~18:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン札幌

続きを読む

書道・文学・写真 北海道大学写真部 夏展

北海道大学写真部による夏の写真展です。
部員それぞれが素敵な個性を持ちよってギャラリーを彩ります。
いろんな想いが詰まった写真たちを、どうぞお楽しみください。

日程 2017/09/19(火) ~ 2017/09/24(日)
開催時間:10:00~19:00
最終日は17:00まで
開催場所 GALLERY ESSE(ギャラリー エッセ)

続きを読む

書道・文学・写真 【東札幌図書館】図書展示「本から知る色々な職業」

中・高生を対象に、様々な職業に関する本、面接や資格に関する本などを展示します。将来の仕事について「考える機会」を大切に、なりたい自分を見つめてみましょう!

日程 2017/08/24(木) ~ 2017/09/26(火)
開催時間:09:15~19:00
休館日:図書整理日(毎月第4水曜日)、施設点検日(毎月第2水曜日)
※金~月/祝は17:00まで
開催場所 札幌市東札幌図書館

続きを読む

書道・文学・写真 【キャノンギャラリー】特別企画展 Keisuke Nagoshi : Let's Go!

ひしめき合う近代的なビル。
ブラジル人の団地とは桁違いの高層団地。
九龍城砦のイメージはすでに過去のもので、
香港は昔ながらのアジアを残した、
立派な大都市だった。
ひしめきあう高層建築の縦の線に囲まれた街を、
平衡感覚を失いながらさまよった約10日間。
路上を歩く視点だけでなく、
地面すれすれから見上げたり、トラムから見下ろしたり。
気配を感じては足を向け、
思いつくまま撮って歩いた。

新しいものと古いものが次々と視界に飛び込んでくる。
無心に追いかける。
Let’s Go.
明日は何処へ…。

特別企画展 名越 啓介 写真展:Let's Go!への皆さまのお越しをお待ちしております。

日程 2017/09/14(木) ~ 2017/09/26(火)
開催時間:10:00~18:00
※土日祝休館
開催場所 キヤノンギャラリー札幌

続きを読む

書道・文学・写真 大久保正博写真展 媚SHOW

函館在住の写真家、大久保正博の出会った菩薩たち、女性モデル二十人以上を2期に分けて展示。

日程 2017/09/16(土) ~ 2017/09/30(土)
開催時間:19:00~01:00
開催場所 BAR & GALLERY 卍

続きを読む

書道・文学・写真 New Eyes 2017 家族の肖像

札幌で活躍する新進・中堅作家の多彩なジャンルの作品により、様々な家族観を掲示し人が共に生きていくことの意味を問う

本郷新が願った作家の育成を目的に、世界と向き合う作家の斬新な視点を今日的テーマのもとで紹介する「New Eyes」の3回目。
今回は「家族」をテーマに、今日の家族のすがた、家族観を提示します。連綿と続く血縁が紡いできた時間、親しさゆえの摩擦や痛み、新しい命への驚きなど、各作家の生のリアリティに基づく表現を通して、人が共に生きることの意味を問う展覧会です。
札幌を主な拠点として活動する新進・中堅作家による立体・写真・映像・インスタレーションなど、多彩なジャンルの作品によって構成します。

出品作家:今村育子、唐牛幸史、佐竹真紀、鈴木涼子、深澤孝史、門馬よ宇子

 

日程 2017/07/22(土) ~ 2017/10/01(日)
開催時間:10:00~17:00
入館は16:30まで
休館日:月曜日
※9月18日(月・祝)は開館、9月19日(火)休館
開催場所 本郷新記念札幌彫刻美術館

続きを読む

書道・文学・写真 【SIAF2017】吉増 剛造 [火ノ刺繍 - 『石狩シーツ』の先へ]

吉増剛造にとって北海道の地は、その長い詩業において、詩人としての危機とも言える状況からの再生の舞台となってきました。

ブラジル滞在からの帰国後、「石狩河口 / 坐る」という展覧会を札幌市内のギャラリー、テンポラリースペースで開催し、実際に河口に坐ってひたすら銅板を打った4カ月間が、代表作『石狩シーツ』に結実したのが1994年。さらに月日を経て東日本大震災の年の冬、同スペースでの「石狩河口 / 坐る ふたたび」展の直後に厳寒の河口に坐ってはじまった詩作は、5年の月日を経て長篇詩『怪物君』へと発展していきました。

石狩川河口にたたずむ詩人の身体に、ここを入り口として広がっていった札幌の近代化の歪みと、そこからの「再生」の可能性を重ねてみることもできるかもしれません。夕張炭坑の気配、アフンルパル――、詩人にとって北海道の大地は、生と死の界であり、根源的なイメージへと降りるための入り口であると言えます。

今回のSIAF2017では、吉増剛造の詩業を貫く『石狩シーツ』のビジョンを振り返るとともに、その先に待つものへと分け入る新作を発表します。

日程 2017/08/06(日) ~ 2017/10/01(日)
開催時間:10:00~17:00
休館日:月曜、9/3(日)、9/19(火)
※ 8/7(月)、9/18(月・祝)は開館
※金曜日は21:00まで
開催場所 http://www.museum.hokudai.ac.jp/

続きを読む

書道・文学・写真 【SIAF2017】石川直樹展 「New Map for North」

カメラを携えて世界を縦横に歩き続けてきた写真家・石川直樹による個展です。

北極やヒマラヤなどの極地から都市の路上に至るまで、世界各地を旅しながらその土地における出会いや驚きを写真によって記録し、行動し続けてきた石川の魅力に迫ります。

石川は2001年から15年以上にわたり北海道を旅してきました。本展では、知床半島や網走などの道東地方、白老・登別を中心とした胆振地方などで撮影された作品をはじめ、サハリン島などの北方地域における写真群を展示します。白老・登別のパートは、アヨロラボラトリー(立石信一/ 国松希根太)と共同で行います。自然環境ばかりでなく遺跡や観光地などで重ねてきたフィールドワークの成果を、写真や彫刻、テキストの共作によって提示します。

十代の頃から地球を歩き続けてきた石川直樹による、北へ/ 北からの眼差し。その軌跡をご覧いただけます。


企画協力:アヨロラボラトリー 協力:札幌宮の森美術館 

日程 2017/08/06(日) ~ 2017/10/01(日)
開催時間:10:30~19:00
※火曜休館
※最終入場は18:30まで
開催場所 札幌宮の森美術館

続きを読む

書道・文学・写真 Maruyama Kyoko Photo Exhibition TULIP

写真家、円山恭子が札幌市内で撮影したチューリップの写真展。日常から少しだけ離れた癒しの展示です。

日程 2017/08/01(火) ~ 2017/10/02(月)
開催時間:07:00~18:00
※土曜13:00以降、および日・祝日は夜間救急玄関をご利用ください。
※最終日は16:00までの開催
開催場所 天使病院

続きを読む

書道・文学・写真 【滝野すずらん丘陵公園】滝野の森フォトコンテスト《作品募集》

・「滝野の森ゾーン」で撮影したもののみを参加対象としたコンテストです。

・年齢制限はありませんので、お子さんの作品もお待ちしております!

受付期間 2017/07/01(土) ~ 2017/08/31(木)
日程 2017/09/09(土) ~ 2017/10/09(月)
開催時間:09:00~17:00
※掲示期間
開催場所 国営滝野すずらん丘陵公園

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ