大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

書道・文学・写真

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

1 ~ 10件/52件を表示

書道・文学・写真 第8回 風と友だち シベリアンハスキー 3人展

「第8回 風と友だち シベリアンハスキー 3人展」を開催します。
皆様のお越しをお待ちしております。

日程 2017/05/23(火) ~ 2017/05/28(日)
開催時間:09:00~19:00
※最終日は15:00まで
開催場所 札幌市資料館

続きを読む

書道・文学・写真 群展4th 合同写真展

フォトグラファー中山浩樹氏の写真教室のプロフェッショナルコース所属によるメンバー5名で構成した写真展。本年で4回目の展示となります。今回のメンバー並びに主題は以下の通りです。

菊地まりこ:【水と空のコラージュ】見つめた先はやわらかく美しい。。
田村 智宏:”グレーに隠されたリアリティ”
水谷たまえ:〜花の新たな地平〜《黒方花陣》
向  千賀:穏やかな空気に包まれたナチュラルメッセージ
若山 理恵:ウィンドウ越しの”ススキノ男女相関図"

ネイチャーフォトから街中の風景、技巧を駆使した作品の他写真のみならず文章や詩を添付し各々独自の視点に基づいた幅広いジャンルの作品が並びます。

日程 2017/05/24(水) ~ 2017/05/28(日)
開催時間:10:00~19:00
※初日は13:00から
開催場所 札幌市教育文化会館ホームページ

続きを読む

書道・文学・写真 「円山散歩」写真展

DIXIROUXギャラリー五月の展示
「円山散歩」
DIXIROUXのある円山地区をテーマにした写真展

日程 2017/05/04(木) ~ 2017/05/29(月)
開催時間:11:30~22:00
※火曜定休
開催場所 DIXIEROUX

続きを読む

書道・文学・写真 <申込受付> <申込受付>平成29年度 札幌市民芸術祭 さっぽろ市民文芸 第34号 作品募集

「さっぽろ市民文芸」第34号の作品を募集します。募集期間は4月15日(土)~5月31日(水)となります。
詳しくは2月中旬より札幌市教育文化会館、区役所、区民センターで配布する募集要項をご覧下さい。

※ホームページ(http://www.kyobun.org/fes/fes02.php?gid=7)からもダウンロードできます。

受付期間 2017/04/15(土) ~ 2017/05/31(水)
日程 2017/04/15(土) ~ 2017/05/31(水)
※優秀作品は総合文芸誌「さっぽろ市民文芸第34号」に掲載
開催場所 札幌市教育文化会館

続きを読む

書道・文学・写真 心ときめく“一朝一夕” 小泉恒男 写真展

小泉恒夫写真展心ときめく”一朝一夕”を開催いたします。
是非ご高覧下さい。

日程 2017/05/26(金) ~ 2017/05/31(水)
開催時間:10:00~19:00
開催場所 富士フイルムフォトサロン札幌

続きを読む

書道・文学・写真 G&G 北の四季彩'17 写真展

写真に関しては全くの素人ですが、約10年前から撮りためた作品、約60点を展示いたします。
今回は札幌市内や北海道内の、主に花や紅葉などの風景写真をご覧いただければと思います。
前回(平成27年)に開催した写真展が予想以上に好評だったため、このたび続編として開催することとなりました。
どうぞ、ご高覧下さい。

日程 2017/05/26(金) ~ 2017/06/01(木)
開催時間:10:00~18:00
※最終日は14:00まで
開催場所 NHKギャラリー

続きを読む

書道・文学・写真 【北海道文学館】創立50周年記念特別展「ふみくらの奥をのぞけば 文学館・珠玉の300選」

散逸を逃れた資料が語る北の大地の文学の魅力
「北海道文学館」の創立50周年を記念して、収蔵品から自筆原稿や色紙、貴重本などを選りすぐった展覧会。当初は独立した建物もない状況で、散逸しつつある北海道関連の文学資料を中心に収集を続けてきた「北海道文学館」。その「ふみくら」(文庫・収蔵庫)で保存に努めてきた〈宝物〉は30万点を超えるまでになった。その中から300点が一挙に展示され、北の大地の文学の魅力にふれることができる。

日程 2017/04/22(土) ~ 2017/06/18(日)
開催時間:09:30~17:00
※月曜休館
※入場は16:30まで
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

書道・文学・写真 楓羽 写真展「深層記憶」

枯れ行くものの美しさ、透明性
少し色が落ちて、繊細な生命…

夏のなかにも もの哀しく あやういものもあり
秋のなかにも 生命の光るものあり…

日本の歴史が培ってきた感性を表現したく思い、
和紙の風合いの紙にプリントしたものを
掛軸に見立てた装丁で展示します。



☆会期中のイベント
キャンドルナイト特別企画
『星井清 クラシックギターライブ』
◎6月20日(火)
◎20時~21時 (開場 19時半~)
◎前売 1,500円・当日 2,000円〈1ドリンク付/税込〉
◎予約優先  
※ご予約・お問合せは前日まで店頭またはお電話にて
※イベント中は店内貸切(18時~19時半は準備のため入店不可)

星井清/Hoshii kiyoshi(ギタリスト)
ギターを大塚房喜氏に、作曲を木村雅信氏に師事。
ナルシソ・イエペス、ホセ・トーマス、セグンド・パストール、ガルシア・ベラスコにレッスンを受ける。
1972年、第15回東京国際ギターコンクールに第3位入賞、その後、札幌を中心に演奏活動を続けている。
公益社団法人 日本ギター連盟正会員、札幌大谷大学非常勤講師。



*プロフィール

楓羽(KAEDEHA)

北海道生まれ 札幌市在住

幼少時、自然の美に魅せられていた。
親の趣味で、生れてからずっと、カメラは身近にあった生活。
身近にあるがゆえ、入れ込む事もなく経過していたのだが、
ある時スイッチが入り、膨大な撮影が始まった。

2003年頃、原点である自然の美に向き合い農的世界に入る。
セルフビルドによる小屋、盆栽など日本文化にも興味を持ち、自宅の庭を
創作の場とし、アロマやハーブなど香りの世界にも広がり現在に至る。
農的世界を送る中で芽生えた死生観について内省的な表現を続ける中、
廣島経明氏の抽象写真作品に出会う事で大きな衝撃を受け、本格的に
写真と向き合い、撮影を始める。

2014 個展 「空間記憶」(カフェエスキス、札幌)  
2015 グループ展 3名の写真家による「具象から抽象への境界線」(大同ギャラリー、札幌)
自主企画展 造形作家、音楽家との作品展「神話から」(大同ギャラリー、札幌)
個展 「空間記憶final」大同ギャラリー(大同ギャラリー、札幌)
2016 自主企画展 「無名の作家達展」(さいとうギャラリー、札幌)
グループ展 「植物エネルギー」(厚別サンプラザ 光の広場、札幌)
「神話から」「空間記憶」東川賞ノミネート
2017 グループ展 「植物エネルギー」 (フジフォトサロン、札幌)  

日程 2017/05/25(木) ~ 2017/06/20(火)
開催時間:12:00~24:00
※水曜定休、5/29〜31休み
※日祝は21:00まで
開催場所

続きを読む

書道・文学・写真 酒井広司 個展「山に行く」

「ひとつひとつの山がそこにいて、いつも気づかぬまま引きつけられている。山の高さは明瞭だが見えない気配そのものでもある。」今まで北海道を撮影してきた「北海道の旅」、「SAPPORO PORTRAITS」、「偶景/SightSeeing」のシリーズを横断して山に連なる写真を再構成してみます。

日程 2017/03/30(木) ~ 2017/06/30(金)
開催時間:09:00~17:00
※土日祝休館
開催場所 北海道文化財団 アートスペース

続きを読む

書道・文学・写真 DAIDO MORIYAMA 森山大道写真展

森山大道は1938年大阪生まれ。商業デザイナーを経て、写真家 岩宮武二、細江英公のア シスタントを務め、1964年にフリーの写真家として独立。今日では国際的に高い評価 と、幅広い層からの人気を獲得し、現代日本を代表する写真家として活躍している。
本展では、伝説の写真同人誌『provoke』(1968~1969)、『にっぽん劇場写真帖』(1968年)、日本写真史に残る傑作写真集のひとつとして数えられている『写真よさようなら』(1972)、1983年日本写真協会賞を受賞した『光と影』(1982)そして、2014 年7月から2015年3月までの期間に撮影されたモノクロの縦位置写真のみが収録された 『犬と網タイツ』(2015)など、森山大道の作品群を一挙に展示いたします。

日程 2017/04/19(水) ~ 2017/07/02(日)
開催時間:10:30~19:00
※火曜定休
※入場は閉館の30分前まで



開催場所 札幌宮の森美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ