大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

要予約

11 ~ 20件/86件を表示

舞台芸術 【さっぽろアートステージ2020】《TGR2020》人形劇「はらぺこ青虫」ほか

岩見沢市を中心に活動を続けている人形劇団こぶしっこは、創立30周年を迎えました。「はらぺこ青虫」はサークル結成の第1作目で、上演回数はこれまで300回以上。絵本でもおなじみの青虫くんが食べたものは・・・?りんご、なし、おにぎり・・・あれ?だって、日本生まれの青虫くんなんですもの!

【上演団体】
こぶしっこ
【演目】
人形劇「はらぺこ青虫」ほか
【申し込み】
9月1日(土)9:00~やまびこ座(TEL011-723-5911)で電話受付
【定員】各回150名(定員になり次第、受付は締め切りとなります)

日程 2020/10/31(土) ~ 2020/11/01(日)
※要申込、各回定員150名
【31日】14:00
【1日】11:00

2020/11/03(火)
①11:00 ②14:00
開催場所 札幌市こどもの劇場やまびこ座

続きを読む

その他 リアル脱出ゲーム「びっくり謎工場からの脱出」

今話題の「リアル脱出ゲーム」が遊べるお店【アジトオブスクラッ
プ札幌】にて開催。
リアル脱出ゲームとは、実際の密室に閉じ込められ自分自身が様々
な謎や暗号を解き明かし脱出を目指す体感型のゲームイベント。

今回はホール型、最大4人1チーム。
各回同時に20〜40名の方がスタートします。

<びっくり謎工場からの脱出>
〜最後には希望がある。〜

*ストーリー
その巨大な工場は、静かに街にたたずんでいました。
トンテンカンテン朝から晩までずっと何かを作る音がしていますが
その工場に入った人も出てきた人も誰も見たことがありませんでした。

ある人はいいました。
「あの工場はなにか国の兵器を作ってるんじゃないか」
またある人はいいました。
「なにかいかがわしいおもちゃをつくってるんじゃないか」
別のある人は言いました。
「アラブのお金持ちが趣味のロボットをを作ってるんじゃないか」
いったい誰が何を作っているのでしょう?

ある日、その工場から一斉に、街のいたるところにポスターが貼られました。

「招待状
とんでもない謎が完成いたしました。
ぜひとも遊びに来てください。
参加条件
謎解きが好きな方
びっくり謎工場長より」

無類の謎好きだったあなたは
そのポスターを見てすぐに工場へ向かって走りました。

胸がはずみ心が沸き立ちます。
どんな謎が待っているのでしょう!

しかし。 あなたはまだそのとき知らなかったのです。
まさかあんな驚きが、その工場で待っているとは......。

*開催日程
2020年9月18日(金)〜2020年11月8日(日)
※開催期間が上記に延長となりました。

主催 :SCRAP
企画制作 : SCRAP

©️SCRAP
★リアル脱出ゲームは株式会社SCRAPの登録商標です。

日程 2020/09/18(金) ~ 2020/10/18(日)
【金】17:00/20:00
【土・祝前日】11:00/14:00/17:00/20:00
【日・祝】11:00/14:00/17:00
 

2020/10/23(金) ~ 2020/11/08(日)
【金】19:00
【土・祝前日】11:00/14:00/17:00/20:00
【日・祝】11:00/14:00/17:00

※開場は各回、20分前からとなります。
※お1人様でご参加いただくことはできません。あらかじめご了承ください。
開催場所 アジトオブスクラップ札幌

続きを読む

その他 <募集>2020年度 福祉住宅・福祉小規模集合住宅 バリアフリー建築助成

「すべての人が共に暮らし共に生きることがノーマル(正常)である」というノーマルライゼーション理念に基づき、高齢者や障害者にとっても安心・安全で快適に暮らせる住生活環境の整備・向上のため、助成金により福祉住宅の建築を支援いたします。

【助成の対象者】高齢者や障がい者が安心して暮らせる住宅、また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅
福祉住宅:新築(バリアフリーにした物件)やリフォーム(住宅内外の手すり・スロープ・トイレ・浴室等)の住宅改善・改修した建築主
福祉小規模集合住宅:グループホームや高齢者向けアパートなど(10名程度居住)の建築主
支援内容:福祉住宅建築を助成金(5~30万円)で支援
応募期間:2020年5月1日~2020年11月30日(必着)年1回公募
応募対象:原則として平成31年(2019年)12月以降に工事が完了した物件
決定および助成金の支給
発表:2021年2月(書面にて連絡)、支給:2021年3月
*助成対象物件は、当財団発行の福祉住宅助成実例集『ふれあい』に掲載させていただきますので、事前に取材の承諾をお願いいたします。
応募問合せ先:公益財団法人ノーマライゼーション住宅財団
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西16丁目2-3 ルーブル16 9F
TEL:011-613-7551 / FAX:011-612-8431
受付時間 9:00 ~ 17:00 (土・日・祝日除く)
MAIL:zaidan@tsuchiya.co.jp
http://www.normalize.or.jp

日程 2020/05/01(金) ~ 2020/11/30(月)
※応募期間
開催場所 札幌市内

続きを読む

その他 【北区民センター】伝統文化子ども日本舞踊教室

「伝統文化子ども日本舞踊教室」を開催いたします。
見学や全12回のうち途中参加も可能です。皆さまのご参加をお待ちしています。

【内容】日本舞踊の無料体験教室12回と発表会1回
【対象】幼児~中学生(定員15名)

※開催日程が変更になる場合がありますので、必ずメールまたは電話にて事前にお問い合わせください。

担当:吉見
メール:hanayagi_sumikie@yahoo.co.jp
電話:090-2695-1484

日程 2020/10/04(日) ~ 2020/12/06(日)
開催時間:09:00~11:30
※詳細は、お問合せください(全12回+発表会1回)、要申込、定員15名
※発表会は13:00~16:00
開催場所 札幌市北区民センター

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 一人で歩き出す時

様々な集団の中に適応しその一員となって生活する現代社会の様式から少し離れ、自分自身の心に耳を澄まし、多様化する社会にそれぞれが誠実に向き合うことを問いかける、日本画と詩の展示です。
皆様のお越しをお待ちしております。

吉川聡子(日本画)、橋場仁奈(詩)

日程 2020/08/13(木) ~ 2020/12/20(日)
開催時間:10:00~17:00
※休館日:月火水
※要予約



開催場所 北武(HOKUBU)記念絵画館

続きを読む

その他 【オンライン】公開研究会~カムイチェプ・プロジェクト〈全3回〉

2020年は白老象徴空間の開設など、アイヌ民族にスポットが当たる年です。けれども、政府の施策には先住民族の権利保障というスタンスがありません。紋別アイヌ協会による問題提起(許可申請なしでのサケ捕獲)をベースに、多様な視点から先住民族の漁業権についての知見を学び、実際の権利回復への道を探ります。

※研究会というスタイルのため、参加者には積極的な貢献が期待されます。(参加費は無料)

第1回 先住権とサケの経済学     2020年10月23日(金)
第2回 新しいサケ管理の見取り図①  2020年11月27日(金)
第3回 新しいサケ管理の見取り図②  2020年12月25日(金)
※テーマ等は変更することもあります。

【申込先】〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F(501A)
     NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
     TEL:011-252-6752
     メール:syu@sapporoyu.org

日程 2020/10/23(金)
開催時間:18:30~21:00
※第1回、要申込

2020/11/27(金)
開催時間:18:30~21:00
※第2回、要申込

2020/12/25(金)
開催時間:18:30~21:00
※第3回、要申込
開催場所 WEBにて開催

続きを読む

その他 <募集要項>2021年度道銀芸術文化助成事業

◇ 対象資格

* 対象となる芸術分野は、音楽(クラシック)、美術に限ります。
* 北海道内において行う演奏会、展覧会等の企画のうち、2021年度 (2021年 4月1日~2022年3月31日)に事業が開始するものが対象です。

◇ 応募資格

* 芸術家個人については北海道在住者、団体については北海道内に主たる活動の場を有するものとします。
* これまでに北海道において意欲的かつ優れた芸術創作活動の経歴が認められ、今後もその活動の継続が十分に見込まれる芸術家個人または、団体(芸術家グループ・芸術家で組織する団体)とします。

◇ 選考方法と助成金の額

* 助成の対象者及び助成金の額は、選考委員会によって選考・査定します。
* 助成金の額は活動費または企画運営費の範囲内で、申請時の希望金額を参考に財団が決定します。

◇ 応募方法

* 「募集要項」は北海道銀行本支店、道内主要美術館、道内コンサートホール等芸術文化施設に配布の他、財団ホームページからダウンロードすることも可能です。
* 「申請書」に必要事項をご記入の上、資料を添えて事務局宛郵送またはご持参下さい。
* メールによるお問合せは承りますが、応募はできません。
* お預かりした個人情報は、本事業の運営にのみに使用いたします。
* ご提出いただいた資料は原則返却いたしませんので、ご注意下さい。

◇ 募集期間

* 2020年10月25日(日)~12月25日(金)【 当日消印有効 】

日程 2020/10/25(日) ~ 2020/12/25(金)
※募集期間、12/25消印有効
開催場所 公益財団法人 道銀文化財団

続きを読む

その他 リアル脱出ゲーム「ある沈黙からの脱出」

今話題の「リアル脱出ゲーム」が遊べるお店【アジトオブスクラップ札幌】!
リアル脱出ゲームとは、実際の密室に閉じ込められ自分自身が様々な謎や暗号を解き明かし脱出を目指す体験型のゲームイベント。

今回はホール型、4人1チーム。
各回他のチームも同時に参加しますが、ゲームはチームごとに挑戦していただきます。
本イベントはグループチケットのみの販売となります。
他の方と同じチームになることはありません。

また、ゲーム中は私語厳禁です。
話すことはできません。
必ずマスクを着用の上、ご参加いただきますので、忘れずにご持参ください。
※ご持参いただけなかった場合、会場にてマスク販売もございます。
身振りや手ぶりなどのジェスチャー、表情や目線などを最大限使用して、各プレイヤーが持っている情報を伝え、チームメンバーと意思の疎通を図りながら、すべての謎や暗号を解き明かし、音のある世界を取り戻すことを目指しましょう。




*ストーリー

世界から音が奪われた。
風の音も、波の音も、街の雑踏も。
誰もしゃべらない。誰も歌わない。

音を取り戻すために、あなたはゲームに参加する。
音のない部屋。
周りにはマスクをした、しゃべることのない仲間たち。
自分だけが読むことができる本の内容を、身振り手振りで仲間に伝えながらゲームは進む。

音がないからこそ成り立つその絶妙なゲームは、いつしかあなたたちの心を満たしていく。
ゲームをクリアしたとき、あなたは知るだろう。
音があたりまえにあることの喜びと、音がない世界の特別さを。

これは、何かが失われた世界で、何が大切なのかを見つめなおすリアル脱出ゲーム。




*参加方法
参加したい日時のチケットをお求めいただき、当日受付時間に会場にお越しください。
本イベントでは、他の方と同じチームになることはございません。
ご一緒に参加したいお連れさまと必ず一緒に受付までお越しください。
■1チーム:最大4名
■制限時間:60分
■想定所要時間:100分程度
■必須条件:マスクの着用

※参加推奨年齢:15歳以上
※未就学児の入場NG



*開催日程
2020年9月9日(水)〜2020年10月2日(金)
2020年10月12日(金)〜2020年1月11日(月祝)



主催 :SCRAP
企画制作 : SCRAP

©️SCRAP
★リアル脱出ゲームは株式会社SCRAPの登録商標です。

日程 2020/09/09(水) ~ 2020/10/02(金)
※開催日:月水木金
13:00 / 13:30 / 14:00 / 14:30 / 15:00 / 15:30 / 16:00 / 16:30 / 17:00 / 17:30 / 18:00 / 18:30 / 19:00 / 19:30 / 20:00 / 20:30
※9/11(金)、9/25(金)は「謎の部屋からの脱出」を開催いたします。
 

2020/10/12(月) ~ 2020/12/25(金)
※開催日:月水木金
13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00 / 20:00
 

2020/12/26(土) ~ 2021/01/11(月)
※休館日:12/28
12月26日(土) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
12月27日(日) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00

12月29日(火) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
12月30日(水) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
12月31日(木) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00

2021年
1月1日(金) 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
1月2日(土) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
1月3日(日) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
1月4日(月) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
1月5日(火) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
1月6日(水) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
1月7日(木) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
1月8日(金) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
1月9日(土) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
1月10日(日) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00
1月11日(月) 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 / 19:00

※受付時間は、チケット記載時刻から30分間となっております。会場にて受付後、チームごとに随時スタートしていただきます。
【例】11時回→受付時間:11時~11時30分の間のお好きな時間に受付
 
開催場所 アジトオブスクラップ札幌

続きを読む

その他 こどものまなび塾 2020年度 

子どもに関わる仕事をしている方
子どもに関わる仕事を目指す学生さん、
子どもと関わるボランティアされている方や
ボランティアに興味がある方向け講座

こどものまなび塾では、表現遊び・自然遊び・昔遊びなど子どもの遊びを実践的に学びます。

○第1期 
子どものあそび世界がひろがる関わりとは? 
講師:北島尚志氏(アフタフバーバン)
【日程】10/1(木)・2(金)・3(土)・4(日)全4日間
○第2期
自然と遊ぶ~子どもと楽しむ木育・木工~ 
講師:二杉寿志氏(おたる自然の村)
【日程】10/17(土)・18(日)・24(土)・25(日)全4日間
○第3期
日本の遊び・世界の遊び 
講師:藤田由仁氏(日本独楽美術館 コマのおっちゃん)
【日程】2/18(木)・19(金)・20(土)・21(日)全4日間 

【対象】子どもに関わるボランティアや仕事をされたいと考えている方
    18歳以上
【定員】各コース15名
【申込】電話受付 こぐま座 TEL:011-512-6886

日程 2020/10/01(木) ~ 2020/10/04(日)
※要申込、定員15名、18歳以上対象
※全3期中第1期
【1日、2日】昼コース10:00~12:00、夜コース19:00~21:00
【3日】昼夜共通10:00~12:30
【4日】昼夜共通10:00~15:30

2020/10/17(土) ~ 2020/10/25(日)
※要申込、定員15名、18歳以上対象
※全3期中第2期、期間中の土・日
【17日、18日、24日】午前コース10:00~12:00、午後コース13:30~15:30
【25日】午前・午後共通10:00~15:00

2021/02/18(木) ~ 2021/02/21(日)
※要申込、定員15名、18歳以上対象
※全3期中第3期
【18日、19日】昼コース10:00~12:00、夜コース19:00~21:00
【20日】昼夜共通10:00~12:30
【21日】昼夜共通10:00~15:30
開催場所 札幌市こども人形劇場こぐま座

続きを読む

その他 老いと向き合うpart4〈全5回〉

 「老い」とは、今までの「一人でいろいろなことをやれていた自分」が、「徐々にできなくなっていく不安」と向き合う人生が始まることかも知れません。しかし、見方を変えれば「生きるために新しい知恵と出会いを求める、創造的な時」ではないでしょうか。「老い」の季節を豊かにする知恵と、より良い出会いの形をみなさんと考えていきたいと思います。

●第1回 一人暮らしの知恵   2020年10月2日(金)
話題提供 土肥信子(どいのぶこ) 麦藁細工伝承
話題提供 松倉洋夫(まつくらひろお) 東区で一人暮らしの70 代男性

60代後半・70代・80代で現在一人暮らしをされている3人の方に、若い時の一人暮らしとは違う生活の工夫や、家族や友人そして地域とどう付き合っているかのお話をしていただきます。誰でも一人暮らしになることはあり得ます。日常を支える知恵の交流をしましょう。

●第2回 食を通して人とつながる   2020年11月6日(金)
話題提供 雨宮 恭子(あまみや きょうこ) さっぽろ自由学校「遊」理事

妻に先立たれ食事がおろそかになりバランスを崩してしまったが、地域食堂に通うことで元気を取り戻した方の事例などをきっかけに食について語り合います。

●第3回 高齢者施設スタッフの話を聞く   2020年12月4日(金)
話題提供 巻渕 悠(まきぶち ゆう) サービス付き高齢者向け住宅職員

施設職員から見た施設の状況、入居者の様子、そこにかかわっていて感じることなどをざっくばらんに話していただきます。

●第4回 安楽死(介護殺人)を考える   2021年2月5日(金)
話題提供 細谷 洋子(ほそや ようこ) さっぽろ自由学校「遊」理事

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性の嘱託殺人で、2人の医師が起訴されたのは、ご記憶の方も多いと思います。安楽死か、嘱託殺人かと議論にもなりましたが、自らの死を選ぶことや、安楽死と尊厳死の違いなど、なかなか日常の中で話題にしにくい死の迎え方について、語り合えたらと思います。

●第5回 終活を考える   2021年3月5日(金)
話題提供 横田 恒一(よこた こういち) 「遊」会員。講座のテープ起こしやFB 広報担当
話題提供 俵屋 年彦(たわらや としひこ) テクノロジーの民主化を進めるTAWA LAB 創設者

終活とは、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備です。そこで、「遊」の先輩会員のお話を伺い、今後の充実した人生を送る参考にしたいと思います。また、札幌市の葬送の現状と課題および火葬・墓地に変わる葬送方法についての情報提供をいただき、考え合いたいと思います。

【定員】15名
【申込】下記の連絡先あてに、講座名、お名前、ご住所、メールアドレスをお知らせください。
【申込先】〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F(501A)
     NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
     TEL:011-252-6752
     メール:syu@sapporoyu.org

日程 2020/10/02(金)
開催時間:14:00~16:00
※第1回、要申込、定員15名

2020/11/06(金)
開催時間:14:00~16:00
※第2回、要申込、定員15名

2020/12/04(金)
開催時間:14:00~16:00
※第3回、要申込、定員15名

2021/02/05(金)
開催時間:14:00~16:00
※第4回、要申込、定員15名

2021/03/05(金)
開催時間:14:00~16:00
※第5回、要申込、定員15名
開催場所 自由学校「遊」

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ