大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

美術・工芸

サブカテゴリを選択

開催場所(地域)を選択

31 ~ 40件/153件を表示

美術・工芸 玉木 新雌 展

兵庫県西脇市にて、デザイナーの玉木新雌さんが織機を使い、自らの手で思い描く一枚を作り続けています。
ふんわりとやさしく、やわらかく。年齢も、性別も選ばない、色にあふれた、世にも自由なショールとお洋服の展示を行います。
ウールショール・コットンショール・パンツ・New Collection
(roots shawl wool. only one shawl.pants.CA knit.TO knit.bosoなど、 NewCollectionも揃います。)

日程 2018/10/20(土) ~ 2018/11/02(金)
開催時間:11:00~18:00
※10/24、30休み
※初日は20:00まで
開催場所 Ach so ne(アソネ)

続きを読む

美術・工芸 第30回 MOA美術館 札幌児童作品展

市内各区の小学校から出展された作品を審査して、市内9会場にて展示及び表彰式を行います。是非皆様のご来場をお待ちしています。

日程 2018/09/23(日) ~ 2018/11/04(日)
※開催時間につきましては、MOAアートホール北海道にお問合せ下さい。
開催場所 MOAアートホール北海道

続きを読む

美術・工芸 『生れ出づる悩み』出版100年記念 「有島武郎と木田金次郎」展

作家・有島武郎と、彼の小説のモデルとなった画家・木田金次郎は札幌で出逢い、札幌・ニセコ・岩内を舞台とする小説『生れ出づる悩み』が誕生しました。今年出版100年を記念し、『生れ出づる悩み』を紐解きながら二人の辿った各々の作家人生、画家人生を貴重な作品や資料展示で紹介します。
皆様のご来場をお待ちしています。

日程 2018/10/13(土) ~ 2018/11/04(日)
開催時間:10:00~19:00
※入場は18:30まで
開催場所 プラニスホール

続きを読む

美術・工芸 【北海道立近代美術館】美術講座プレミアム〈5回〉

10月から連続5回の美術講座を開講します。 大学教授、研究者、画家等を講師に、美術史や現代アートなど美術の世界を様々な角度から学ぶ講座となっています。是非皆様のご参加をお待ちしています。

※申し込み等の詳細につきましては、直接会場にお問い合わせください。

日程 2018/10/11(木) ~ 2018/11/08(木)
開催時間:11:00~12:30
※10/11、10/18、10/25、11/1、11/8 (木曜日・全5回)
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸 【アートギャラリー北海道】北の美術家群像

北海道命名150年目という節目にあわせて、当館の豊富なコレクションにより、この地で生み出されてきた多様な美術を展覧します。
是非皆様のご来場をお待ちしています。

日程 2018/07/07(土) ~ 2018/11/11(日)
開催時間:09:30~17:00
※月曜休館(月曜日が祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日休館)、9/18、9/25、10/9休館
※入場は16:30まで
※7、8月の金曜日は9:30~19:30、入場は19:00まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸 STV創立60周年記念 京都国立近代美術館名品展 極と巧 京のかがやき

京都国立近代美術館は、1963年に前身である国立近代美術館京都分館として発足して以来、12,000点以上にもおよぶコレクションを形成してきました。その内容は多様で、時代別に見ても明治初期から戦後、そして現代までとほぼ近現代の美術・工芸を網羅しています。
なかでも重点的に収集されてきたのが日本画と工芸です。平安以降の洗練された美意識と、近世の「写生」表現を引き継ぎ、伝統と革新のなかで大きな潮流を生み出してきた京都の日本画。明治維新後の近代化を受け、伝統技術の保持と芸術性を志向する新しい表現が生み出されてきた工芸。この二つのジャンルは、京都国立近代美術館の双璧とも言える重要なコレクションです。ここに、近年、超絶技巧と呼ばれる精緻を極めた牙彫、七宝、金工などの一群を加え、より多様な視点から近代美術の様相を俯瞰します。
本展でご紹介する京都ゆかりの日本画と工芸の名品の多くは北海道初公開となります。磨きぬかれた美と手わざ、その極みと巧みが、札幌の秋を鮮やかに彩ります。京(みやこ)のかがやきに満ちた時間を北海道立近代美術館で、どうぞお楽しみください。

日程 2018/09/29(土) ~ 2018/11/14(水)
開催時間:09:30~17:00
休館日:10月1日(月)、9日(火)、15日(月)、22日(月)、29日(月) ※10月16日(火)は展示替えのため休み、ただし美術館は開館

※最終入場16:30まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸 35år トレッティ ・ フェム ・ オール ー 日瑞ガラス ・ 木工作品展ー

35år トレッティ ・ フェム ・ オール ー 日瑞ガラス ・ 木工作品展ーを開催致します。ご覧にお越しください。

ガラス作家  23名(海外16名、国内7名)
木工作家   10名(海外6名、国内4名)
合計:33名参加予定

ガラス作品   66点
木工作品    21点
合計:87点出展予定

※関連企画として 絵画作家1名(絵画作品 10点)も出展予定

日程 2018/10/13(土) ~ 2018/11/18(日)
開催時間:09:45~17:00
※11月は月曜日休 開館日数35日
開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸 【三岸好太郎美術館】mima-no-me#みまのめVOL.2「笠見康大」「佐藤あゆみ」

若い芸術家たちによる多彩な表現を紹介するシリーズ企画。第2回は30代の作家2人で、造形的実験を果敢に繰りひろげながら絵画表現を探求する笠見康大(1982年生まれ)と、金属を用いた独自の造形により生命感を宿したイメージをつむぎだす佐藤あゆみ(1986年生まれ)の作品を紹介します。

日程 2018/09/15(土) ~ 2018/11/25(日)
開催時間:09:30~17:00
休館日:9/18、25、10/1、9、15、22、29、11/12、19
※入場は16:30まで
開催場所 北海道立三岸好太郎美術館

続きを読む

美術・工芸 【三岸好太郎美術館】三岸好太郎を追いかけて

三岸好太郎を追いかけて Kotaro Migishi Exhibition

当館の開館以来、これまでの50年間に蓄積された調査研究のさまざまなテーマを手がかりに、三岸作品と関連資料を展示。札幌ゆかりの画家・三岸の画業について多角的に紹介します。最晩年、三岸が一気に7点描いて第4回独立展に出品した”蝶と貝”の代表作から当館コレクションの《のんびり貝》《飛ぶ蝶》のほか、《旅愁》《海洋を渡る蝶》(国際興業株式会社蔵)も特別公開!

日程 2018/09/15(土) ~ 2018/11/25(日)
開催時間:09:30~17:00
※月曜休館(祝日の場合は、翌平日休館)、11/9は開館
※入場は16:30まで
開催場所 北海道立三岸好太郎美術館

続きを読む

美術・工芸 札幌美術展 五十嵐威暢の世界

本展では、デザイナーとしての原点である1973年の個展から彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示すイラスト、ポスター、プロダクト、彫刻作品を展観し、五十嵐独自のデザイン思想を紹介します。また、作家の制作現場を再現した展示・ワークショップ会場、札幌芸術の森の建築をテーマとしたインスタレーション、周辺の緑ゆたかな自然環境を活かした作品など、園内の複数エリアに展開することで、深化を続けるアーティスト・五十嵐威暢の世界の魅力に迫ります。

日程 2018/10/06(土) ~ 2018/11/25(日)
開催時間:09:45~17:00
※11月のみ月曜休館。
※入館は16:30まで
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ