大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

休日

41 ~ 50件/218件を表示

書道・文学・写真 ESQUISSE GALLERY Vol.242 稲岡 由美子展 『アイ♥キノコ』

ESQUISSE GALLERY Vol.242
稲岡 由美子展 『アイ♥キノコ』
YUMIKO INAOKA EXHIBITION “I LOVE MASHROOM”

【前編】2020年 9.17(木)ー10.6(火)《写真展》-メルヘンの世界へようこそ-
【後編】2020年 10.8(木)ー27(火)《水彩画展》-森の小さな住人たち-

※10.13(火)は臨時休業 ※本展覧会より営業時間が一部変わります
※新型コロナ対策により会期や時間に変更の場合あり(最新情報はSNSで)

◎開催にあたって
道端に佇む名前もわからないたくさんのキノコたち…。
人知れずじっと佇んでいる健気なキノコたちですが、周りの生きものと共存しながらしっかりと役割を果たし、生まれてから朽ちていくまでのたった数日間に、精一杯自己を表現してくれます。普段、目にするほかに数万種類あると言われているキノコの世界…。一日一日、季節の移ろいとともに場所や姿かたちを変える様子に魅了され続け、山を散歩しながら写真を撮り歩き、家に帰っては水彩画を描いています。今回、二部構成に会期を分けて、写真作品を前編に、水彩画作品を後編に、それぞれご紹介していきます。
私の目を通して描いた(映した)愛らしいキノコの世界に触れて頂けると幸いです。

【前編】《写真展》-メルヘンの世界へようこそ- 2020年 9.17(木)ー10.6(火)
“童話の世界にいるような真っ赤なベニテングタケの写真が撮りたい!”。それがカメラを始めたきっかけでした。札幌市とその近郊を中心に毎年楽しみながら撮った写真の中から、今回は“メルヘン”をテーマにセレクトしました。キノコたちと同じ目線で不思議な世界をお楽しみ下さい。

【後編】 《水彩画展》-森の小さな住人たち- 2020年 10.8(木)ー27(火)
北海道では11月から4月頃まで、キノコはその姿を隠してしまいます。その間、撮りためたキノコの写真をモチーフに水彩画を描いています。形はできるだけ忠実に、色はどこまでも自由に…。キノコたちの声を聴きながらそれぞれの個性を引き出してアレンジして描いています。

◎プロフィール
稲岡 由美子 (YUMIKO INAOKA)
1962年 北海道室蘭市生まれ
現在 札幌市在住

2016年 個展「稲岡由美子 写真展 -キノコ それは森の小さな守りびと-」(プチレストラン「ぱーとな」、札幌)
第49回 道美展(写真部門) 奨励賞 受賞
2017年 個展「稲岡由美子 写真・水彩画展 -キノコの世界-」(プチレストラン「ぱーとな」、札幌)
2018年 個展「絵と写真のキノコ展 -森の住人たちがキャンバスにやってきた-」(画廊喫茶チャオ、札幌)
2019年 第52回 道美展(写真部門) 札幌市長賞 受賞
第64回 新道展 新人賞 受賞 

稲岡由美子インスタグラム @funghi0724

日程 2020/09/17(木) ~ 2020/10/27(火)
前編:9/17~10/6
後編:10/8~10/27
※定休日:水曜、臨時休業10/13
【月~土】12:30~22:00
【日祝日】12:30~21:00
開催場所 CAFE ESQUISSE

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 北海道文化財団アートスペース企画展 vol.44 北村太個展 旅の途中

北海道文化財団アートスペース企画展 vol.44
「北村太個展 旅の途中」開催いたします。
皆さまぜひ、ご高覧ください。

日程 2020/08/11(火) ~ 2020/10/30(金)
開催時間:09:00~17:00
※休館日:土日祝日
※都合により臨時休館する場合があります。
開催場所

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 keep walking project - DAIDO MORIYAMA×Flower MOUNTAIN SNEAKERS EXHIBITION

この度、ILA GALLERY では写真家 森山大道とシューズブランド 「Flower MOUNTAIN」によるコラボレーショプロジェクト「keep walking project - DAIDO MORIYAMA×Flower MOUNTAINSNEAKERS EXHIBITION」」を開催いたします。

「keep walking 」が今回のコラボレー ションテーマ。「歩き続ける」事により切り取られた森山大道のスナップショット。「歩き続ける」為にあるスニーカー。 写真とスニーカーに共通するこのテーマを軸にしたコラボレーション作品を発表する。

本展では 森山大道のグラフィカルな作品群とコラボプロジェクトにより生まれたスニーカー(2021 年春発売)、その制作過程や様々なデザインアイデア、コラージュ作品、映像作品など、シューズデザイナー太田圭輔の仕事を紹介。森山のラディカルかつグラフィカルな作品を昇華した太田の有機的なデザイン性と手工業的なディテールが融合した作品を ご堪能ください。

”keep walking project”
様々な制限があるこの時代、それぞれが思い思いに歩き続けることを応援するプロジェクトです。

◆2020年9月5日(土)〜9月26日(土)まで
DAIDO MORIYAMA × Flower MOUNTAINコラボレーションスニーカー
【期間限定】
新作スニーカー特別先行予約の受付あり。(2021年3月発売予定)

・感染症拡大防止のため、ご予約制とさせていただきます。
 ご来廊の皆さまには、マスク着用、アルコール消毒などの
 ご協力をお願いしています。

日程 2020/09/05(土) ~ 2020/10/31(土)
※毎週 水、木、土曜日のみ開廊
事前予約が必要です。
HPからご予約お願いします。
➡︎https://www.ila.gallery/
開催場所 ILA GALLERY

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【札幌芸術の森野外美術館】ねんどくんの謎解き大冒険

2018~2019年に大変ご好評いただきました「謎解き野外美術館」シリーズ。新たな企画チームでおくる最新作がはじまります!

「ワクワク」と「可愛い」が満載の謎を解き進めながら、野外美術館の豊かな自然や四季折々の風景の中、彫刻鑑賞を楽しみませんか?

野外美術館キャラクター「ねんどくん」と仲間たちの絆が深まり、心あたたまるオリジナルストーリーも必見です。

この機会にぜひ、ご家族で・ご友人同士で・カップルで・おひとりで、謎解き初心者の方も謎解き好きの方も、札幌芸術の森野外美術館へお越しください。

※注意※
ご参加にはLINEアプリとスマートフォンが必要となります。

日程 2020/07/23(木) ~ 2020/11/03(火)
開催時間:09:45~17:30
※会期中無休
※9,10,11月は9:45~17:00
※入館は閉館の30分前まで
※謎解きの制限時間はございません
※複数日にわたってのプレイも可能です
開催場所 札幌芸術の森

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 ムーミン展

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。フィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914~2001)が生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまな形で親しまれています。
本展は、ムーミンの原点である9冊の小説の挿絵原画を中心に、多彩に展開するムーミンの世界に浸ることができる展覧会です。小説・絵本の代表的な場面を原画で楽しめるほか、ムーミン誕生のきっかけとなった1940年代の風刺画から、企業広告やグッズ、フィギュア、また舞台に至るまで、知られざるムーミンとなかまたちの魅力を紹介します。
フィンランド・タンペレ市のムーミン美術館とムーミンキャラクターズ社が所蔵する作品を中心に、約500点の貴重なコレクションをとおしてムーミンの多彩な表情に迫るまたとない機会です。また、2019年の日本フィンランド外交関係樹立100周年を記念し、浮世絵とトーベ作品の比較展示、来日した際のスケッチや写真、日本の翻訳者との交流を示す資料をとおして、トーベ・ヤンソンと日本の関わりにも光を当てます。
※浮世絵は復刻版やパネルなどを展示します。
©Moomin Characters™

日程 2020/09/12(土) ~ 2020/11/03(火)
開催時間:09:45~17:00
※会期中無休
※入館は16:30まで
開催場所 札幌芸術の森美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【北海道立近代美術館】近美コレクション「太陽の森 ディマシオ美術館コレクション」

ゆたかな自然につつまれた北海道新冠町太陽に、廃校となった小学校を再生して誕生した「太陽の森 ディマシオ美術館」。
この美術館には、フランス幻想絵画の鬼才として注目を集めたジェラール・ディマシオ(1938年~)の油彩やパステルなどの代表作200点以上が収蔵されています。館内には3年かけて制作され世界最大とされる縦9m、横27mの巨大油彩画を核として、幻想的な世界があますところなく展覧され、地域観光の拠点として注目を集めています。 本展は、本年開館10周年を迎えるディマシオ美術館のコレクションから、ディマシオの絵画作品約10点に加え、同館が誇るアール・デコを代表する工芸作家ルネ・ラリックのガラス作品約30点をあわせて展覧し、地域から特色ある美術を発信する美術館の魅力をご紹介します。

また道内各地の美術館がネットワークでつながる「アートギャラリー北海道」事業として開催する本展は、北海道立三岸好太郎美術館でも開催中(8月30日まで)。ディマシオ絵画13点とルネ・ラリックのガラス3点を展示しています。

※本展のみ、会期は7月4日(土)~11月8日(日)

日程 2020/07/04(土) ~ 2020/11/08(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日休館。芸術週間11/2は開館)、9/7~18
※入館は16:30まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【北海道立近代美術館】近美コレクション「ヴィジュアル・ガストロノミー」展

古来より作家たちは、「食」からインスピレーションを受け、数多くの作品を生み出してきました。各々の食事スタイルに合わせてデザインされた器、身の回りにある食材を題材にした静物画、人々が集まり豊かなコミュニケーションが生まれる団欒の情景などその内容は多彩です。
本展は、このような視覚芸術と「食」との関係を読み解くことで、美術館における鑑賞体験の可能性を探り、紹介します。

※同時開催:
「アートギャラリー北海道 太陽の森ディマシオ美術館コレクション」

日程 2020/09/19(土) ~ 2020/11/08(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日休館。芸術週間11/2は開館)
※最終入館16:30
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【北海道立近代美術館】特別展「神田日勝 大地への筆触」

北の大地で、農業に従事しながら独自の絵画を描き続けた神田日勝(1937-70)。わずか32年という短い生涯ながら、残された作品の数々は今なお輝きを失いません。本展では、日勝の没後50年を記念しその画業の全貌を紹介します。

日程 2020/09/19(土) ~ 2020/11/08(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(9/21、11/2をのぞく)、9/23
※入場は閉館30分前まで
開催場所 北海道立近代美術館

続きを読む

書道・文学・写真 特別展 作家たちの交差点ー「北の話」が残した時間

「北海道を旅する手帖」として北の大地の魅力を伝え続けた郷土随筆誌「北の話」は平成9(1997)年に35年、通巻202冊の歴史を閉じました。 道内外の作家、随筆家、詩人、歌人など多くの執筆者たちが紡いできた「北の話」。終刊から20余年が過ぎたいま、掲載された作家たちの息遣いが聞こえてきそうなオリジナル原稿などの資料を中心に、「北の話」が残した時間に触れてみてください。

日程 2020/08/22(土) ~ 2020/11/15(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜(ただし、月曜日が祝日等の場合は開館)
※展示室入場は16:30まで
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 ヴィリー・アンデション「アストリッド・グラス」の世界展

作業監督は、猫!?
ノルウェーの自由すぎるガラス工房、
「アストリッド・グラス」の世界をご案内します。

ガラス工芸作家ヴィリー・アンデション氏がブロアーを務める「アストリッド・グラス」の作品をご紹介します。
「ガラスの王国」と呼ばれるスウェーデン・スモーランド出身のヴィリー・アンデション氏は、14歳でガラス職人となってから現在までガラス工芸家として、またデザイナーとして、ヨーロッパのみならず様々な大陸で活動を続けてきました。現在はノルウェーに工房を構え、夫人のアストリッドさんとともに、美しい自然と動物たちに囲まれて制作活動を行っています。
1988年にはスウェーデン交流センターガラス工房のインストラクターとして来日し、スウェーデンヒルズに滞在してガラス工芸技術の指導にもあたりました。動物たちへの愛と豊かな創造性から生まれる、ユーモラスなガラス作品たちをご紹介します。ぜひご来館ください。

日程 2020/09/12(土) ~ 2020/11/15(日)
開催時間:10:00~16:30
※休館日:火曜
開催場所 一般財団法人スウェーデン交流センター

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ