大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

子ども不可

1 ~ 5件/5件を表示

  • 1

書道・文学・写真 近藤商会白黒写真展「さくじつのモノクローム」

■作家履歴
近藤商会(近藤裕生)

高校1年のころから本格的な美術教育を受ける。
デッサン、油絵アクリル画を学び、高校三年で学生美術全道展へ出展。
CG専門学校を経てゲーム会社へデザイナーとして就職。
背景やキャラクターの3DCGやエフェクトやカメラ演出などを手掛け現在に至る。
不真面目な漫画も作る。

2008年、なにか趣味を増やそうということでフィルムカメラを購入。
自分で使う道具は自分で手入れを、ということから長く使えるライカIIIaの修理を学ぶ。
以降、カメラは自分で治して使っている。
2012年、第一回の個展を開催。
他、合同展多数展示。
現在ライカM型、コンタックスI型といった距離計が連動するタイプのカメラを多く使う。


■展示に至る経緯 展示コンセプトに代えて。
「ぼくと白黒写真」
10何年か前、ライカIII型を海外のオークション「ebay」で仕入れて治して試写をし世間に放流するという遊びそしていた。
オークションなのでちゃんとしたカメラだけを売る業者と遺品をまとめて売るバッタ屋が混じっていた。
バッタ屋と知らずライカカメラを一台買ったつもりがオマケで何十倍もある大きさの引き延ばし機もついてきて着払いの輸送費がとんでもないことになり驚いたり疲れたり、ということがままあった。そのような事件があるのでその遊びは今はしていない。

その頃、友人の大澤氏が「ハーフカメラでの写真展」を企画してこれに参加することになった。
ちょうど、ライカ放流遊びの副産物で暗室用品がそろっていたのでそれで作品を作ろう。ということになった。
ハーフカメラ、フィルムの一コマをタテ分割して倍撮れるお得なカメラのことだが、ライカにも一応ハーフ判はある。だがしかし、数が少ないしかも古いというので値段が倍どころでは済まなかったったのでこれを断念。すさまじく高価なカメラで半分の解像度の写真を得る。というのは本末転倒だが、10数年経った今ではそれもオツな遊びに見えてしまうから不思議。

カメラはオリンパスペンを使うことにして、フィルムはコダックのTmax400を100フィート缶で買って使っていた。狸小路を1丁目から7丁目までを往復すると72カットでちょうどフィルム一本という感じ。
現像に失敗してフィルム二本分の144カットをパーにしてしまう事件が二度ほどあって5~6本が展示向けのネガとして生き残ったと思う。
真っ暗な暗室にこもると時間の経過がわからなくなり、気づいたら朝の5時で仮眠してそのまま出社というのも何回かあった。
そんな苦労とかなんとかがあって、ハーフカメラ写真展は盛況なうち終了した。


その後引っ越しなどで暗室は失い道具もどこかへいってしまったのだが、2年前からまた道具をコツコツと集めて昨年ほどから暗室のある生活を開始。
前回のハーフの時の暗室は「展示のためのラボ」だったので「生活と同軸の暗室」は今回が初。

いつもどこへ行くにも目的がなくても白黒フィルムを入れたカメラを持って歩く。
外出したくない日は自宅でフィルムの現像。
気に入ったコマがあれば夜に引き伸ばし。

と書くと楽しそうに聞こえるが、実際は仕事で切羽詰まってたり、車を買って金がないとか、くだらない買い物をしすぎてカネがないだとか、とにかくカネがないとか、普通な生活でございます。

そういった、いわば普通な生活の範囲だったり、どこかへ行ったとか、散歩したりとか、出勤のついでですとか、カメラ直した試写ですとかという「一般的な芸術性」が欠落したカットが山となったわけです。

「一般的な芸術性」はもちあわせてい居ないですが、好きなのです。

今回、卍さんの展示スケジュールが空いているとあってちょうどいいのでお借りすることになりました。
好きな写真を好きなように展示する。そういった「一般的な芸術性」が欠けた写真展にする予定です。

日程 2021/03/02(火) ~ 2021/03/31(水)
開催時間:20:00~01:00
※定休日:日月
※営業時間短縮などの変更の可能性がありますので、お越しの際にはご確認の連絡をお願いいたします。
開催場所 BAR&GALLERY 卍

続きを読む

音楽 ロメウス弦楽四重奏団第9回演奏会

※札響ヴィオラ奏者物部憲一氏が2015年に立ち上げた弦楽四重奏団の第9回演奏会。出演は他にヴァイオリン市川映子・坪田規子、チェロ廣狩理栄。毎回ベートーヴェンの作品を中心にプログラムを組んでいますが、今回は下記のプログラムでお送りします。

曲目
モーツァルト/弦楽四重奏曲 第4番 ハ長調 K157
ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲 第8番 ハ短調 Op.110
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 Op.59-2

日程 2021/03/17(水)
開場時間:18:30
開演時間:19:00
開催場所 時計台ホール

続きを読む

音楽 ピアノトリオのひととき VOL.6 夜のア・ラ・カルト

<出演>
ヴァイオリン 福井 岳雄
チェロ 中川 恵美
ピアノ 辻 千絵
(賛助)ヴィオラ 鈴木 勇人

<曲目>
アウエルバッハ/ピアノ三重奏曲 第1番 ハ短調
ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲 第6番 変ホ長調 作品70-2
ブラームス/ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25

日程 2021/03/17(水)
開場時間:18:15
開演時間:19:00
※当日券は5枚限定
開催場所 六花亭ふきのとうホール

続きを読む

音楽 ムジカ・アンティカ・サッポロVol.17「ヴェネチアの響き PartIII」

ムジカ・アンティカ・サッポロ
札幌交響楽団ヴィオラ奏者物部憲一が主宰する古楽器アンサンブル。札響メンバーのほか札幌で活躍するフリーの演奏家が集い、バロック時代の作品を演奏しています。

予定プログラム
A.ヴィヴァルディ/「和声と創意の試み」作品8〜「四季」  他


出演者
ヴァイオリン独奏/若松 夏美(ゲスト)
ヴァイオリン/物部 憲一(札響)、土井 奏(札響)、山本 聖子、中村 菜見子(札響)、鈴木 京
ヴィオラ/荒木 聖子(札響)、水戸 英典(札響)
チェロ/島根 朋史(ゲスト)、山田 慶一
コントラバス/斎藤 正樹(札響)
チェンバロ/近江 宏

日程 2021/05/17(月)
【昼の部】開場13:20/開演14:00
【夜の部】開場18:20/開演19:00
開催場所 六花亭ふきのとうホール

続きを読む

舞台芸術 Rikka reading live vol.9「小泉八雲と日本歌曲」

小泉八雲の日本での足跡をその土地の歌曲とともに訪ねます。秀逸な感性を八雲の随筆の朗読とともにお楽しみください。後半は代表作「耳無し芳一」を大正琴の音色とともにお届け致します。

日程 2021/08/29(日)
開催時間:19:00~21:00
開場時間:18:30
開催場所 札幌文化芸術交流センター SCARTS

続きを読む

  • 1
  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ