大通情報ステーション

  • カテゴリーから探す
  • 条件から探す
  • 地図から探す
  • 主催者から探す
  • 施設から探す

イベント一覧

条件から探す

カテゴリを選択

サブカテゴリを選択

中央区

11 ~ 20件/168件を表示

美術・工芸・デザイン・映像 高橋良由美(DrawGlass) 福井優子(Candle)二人展

高橋 良由美(Draw Glass)福井 優子(Candle)二人展
~二人の猫好き作家がそれぞれの素材で奏でる作品世界~

日程 2020/07/03(金) ~ 2020/07/25(土)
開催時間:11:00~17:00
※日祝定休ですが7/24(金祝)は営業
※7/10(金)と7/11(土)はキャンドル教室開催
詳細はhttp://progressivecandle.blog21.fc2.com/をご覧ください。
開催場所

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 <事前予約制>【北海道立文学館】特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」

『ねないこだれだ』や『めがねうさぎ』で知られるせなけいこ(1931-)。おばけやうさぎなどをモチーフに貼り絵を用いた独創的な絵本は、世代を超えて読み継がれてきました。「いやだいやだの絵本」シリーズの原画をはじめ、これまであまり知られていなかった絵本デビュー前の仕事も紹介し、創作の全貌をひもときます。

- - - - - -

【事前予約制】
6月2日~6月14日分のご予約につき、5月26日午前9時から受付開始。
(以後、予約受付対象期間を1週間ずつ追加してまいります。)
予約方法につきましては、HPをご覧ください。
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html

日程 2020/06/02(火) ~ 2020/07/26(日)
開催時間:09:30~17:00
※休館日:月曜
※要事前予約
開催場所 北海道立文学館

続きを読む

書道・文学・写真 生誕120年記念「上田桑鳩と北海道の門流展」

桑鳩は、昭和8年書道芸術社を結成して「書道芸術」を創刊し、造形としての書について論評を発表。古典研究を行うかたわら、前衛書の可能性を追求した。本展では桑鳩の作品を中心に、北海道における門流の8氏の作品を一堂に展覧する。

日程 2020/04/07(火) ~ 2020/07/31(金)
開催時間:10:00~17:00
休館日:月曜
開催場所 小原道城書道美術館

続きを読む

その他 あけぼの de アート&ダンス!! ~地域の子どもと大人をつなぐアート~

あけぼのアート&コミュニティセンターが掲げる「地域とアートの連携」のひとつとして、「ダンボールアート」や「よさこい」を行います。
皆様のお越しをお待ちしています。

内容
①よさこい演舞隊
②ダンボールアート

日程 2020/05/11(月) ~ 2020/08/04(火)
開催場所 あけぼのアート&コミュニティセンター

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 北海道の福祉とアートvol.1かたるべの森美術館 かたるべの森 わたしたちの今

福祉とアートという視点から、北海道の福祉の現場で生まれるアート作品を紹介するシリーズが始まります。記念すべき第1回は「かたるべの森美術館」(上川郡当麻町)。
かたるべの森美術館は、社会福祉法人当麻かたるべの森が運営しています。法人設立当初より、障害者支援の活動は文化的で「芸術」的な活動でなければならないという理念を掲げ、創作活動を活動の大きな柱にしていました。2010(平成22)年5月、当初からの念願が叶い、かたるべの森利用者の活動拠点と、障害を持つ作家の作品を中心とした展示の場としてかたるべの森美術館がオープン。以来、かたるべ創作メンバーによる常設展示に加えて、企画展も数多く実施してきました。いわば、北海道の福祉とアートのけん引役。この場所をなくしては、北海道の福祉とアートを語ることはできないのです。
かたるべの森美術館を拠点として日々創作を続けるメンバーたちの、表情豊かでエネルギー溢れる作品をお楽しみください。

出品作家
片沢淳一 加藤雅広 金田宏弥 菅家正幸 栗原啓紀 小林靖宏 斎藤祐輝 佐川優奈 佐々木伸夫 貞森喜順 佐藤悠美 白田実紗希 鈴木来生子 高島衣里 瀧本学 田中伸周 段城良子 千葉さやか 塚田祐太 鉄地河原勝彦 二階堂仁美 能登保行 萩原勇治 畠山史織 早坂崇 廣田絢子 藤井咲 松嶋ひろみ 室山泉 本松和樹 山崎健治 山下浩毅 吉田幸敏 熊谷幸恵

日程 2020/07/02(木) ~ 2020/08/07(金)
開催時間:10:00~18:00
※土日祝日は休館となります。
開催場所 NAKAHARA DENKI Free Information Gallery

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 フジタを救ったアメリカ人 ―フランク・E・シャーマンと戦後日本美術家たちの交友の軌跡―

フランク・エドワード・シャーマン(1917~1991年)は、GHQ所属の印刷・出版担当官として、1945年に来日しました。
日本と芸術を愛したシャーマンは、12年間に及ぶ日本滞在中、藤田嗣治をはじめとした多くの日本人芸術家と交流をもち、彼らを支援し、日本を離れた後も、その親交は続きました。
シャーマンは、彼らの姿を写真におさめるとともに、作品も多数収集し、そのコレクションは、生前より親しかった河村泳静氏に引き継がれました。
現在、絵画、写真、書簡など約5000点が北海道の伊達市教育委員会に寄託され、同市のNPO法人噴火湾アートビレッジによって管理されています。
シャーマンが残したコレクションは、貴重な研究資料として全国各地から注目を集め、徐々に公開も進んでいます。

今回の展示では、シャーマンとフジタが国や立場の違いを越えて固い友情で結ばれていたからこそ撮影出来た写真や、フジタから贈られた作品、稀少な版画の原版、世界にひとつしか発見られてないフジタの眼鏡など、また、シャーマンが交流していたその当時の日本人芸術家たちを捉えた写真や、イサム・ノグチ、猪熊弦一郎、岡田謙三、小磯良平、澤田哲郎、藤原有司男、東郷青児、利根山光人、中村研一、向井潤吉、棟方志功の油彩、水彩、グアッシュ、墨、鉛筆、リトグラフ、シルクスクリーン、銅版画、エッチングなど、バライティに富んだ作品の数々を公開致します。昨年に続き、第2弾。1人のアメリカ人の交友の軌跡から、戦後日本美術の一断面を是非ご覧ください。

日程 2020/07/02(木) ~ 2020/08/25(火)
開催時間:11:00~19:00
※休館日:土日祝
※最終日は17:00まで
開催場所 グランビスタギャラリー サッポロ

続きを読む

美術・工芸・デザイン・映像 【JRタワー】アートボックス 守屋 杏 [刻・積~刻まれ積もりゆくもの~]

刻・積~刻まれ積もりゆくもの~
(作家コメント)
すべては過去の積み重ねの上に現在が成り立っている。
かつて開拓された札幌駅は、多くの人が集まる現在でも歴史を積み重ねている。
書も同様、積み重ねでできている。
一つの作品をつくるのに、何百回と書き、念が刻まれていく。
完成した1点だけが作品ではなく、その過程も作品である。
私が積み重ねてきた書の、墨で書いた「土」という象形文字を重ね合わせていく。
刻まれ積層した地層のように。
土と同じように墨は表情を変える。
墨の軌跡や色、同じものは一つとしてできない。
そんな墨象の魅力を伝えていきたい。

日程 2020/06/01(月) ~ 2020/08/31(月)
開催時間:08:00~22:00
※最終日は20:00まで
開催場所 JRタワー東コンコース

続きを読む

観光 <応募企画>道民限定!夏も!泊まろうさっぽろキャンペーン

スマホから簡単応募!泊まった分だけ応募ができる!
札幌をエンジョイするプレゼントが当たる!

期間中、札幌市内(定山渓温泉含む)の対象宿泊施設に泊まると応募できます。
1泊1口から泊まった分だけ何度でも応募OK!道民のみなさん、札幌に泊まるなら今がおすすめです。
参加方法はWEBからの事前登録がおススメ!詳しくはWEB「泊まろうさっぽろ」で検索ください。

【対象】
8月31日(月)宿泊分まで

【応募期間】
9月4日(金)送信分まで有効

【プレゼント発送】
10月初旬を予定

※当選発表について
・当選者の発表は、厳正なる抽選の後、ご登録いただいた住所に賞品の発送をもってかえさせていただきます。
・賞品の発送は、10月上旬を予定しております。
・お客様からお預かりした個人情報は、賞品が当選した際の発送のみに使用し、賞品発送後は速やかに破棄いたします。
取得した個人情報は、お客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。(法令等により開示を求められた場合を除く)

日程 2020/07/01(水) ~ 2020/08/31(月)
※上記は宿泊対象期間
※応募期間:9月4日(金)送信分まで有効
※プレゼント発送:10月初旬を予定
開催場所 札幌市内各所

続きを読む

交通 <作品募集>地下鉄・路面電車子ども絵画展2020

【テーマ】
「札幌の地下鉄・市電」
地下鉄・路面電車に乗ったときの思い出、利用マナー、駅員さんの姿、未来の地下鉄・路面電車など、楽しく描いてみよう。

【作品規定】
⑴サイズ/八つ切り画用紙(約27センチ×約39センチ)
⑵画法/自由(紙の種類、縦横の使い方も問わない)、本人が描いた未発表のものに限ります。

【応募資格】
小学生以下(小学生未満~小学6年生)

【応募部門】
⑴小学生未満の部(小学校入学前)
⑵小学生低学年の部(小学校1~3年生)
⑶小学生高学年の部(小学校4~6年生)

【応募数】
各部門1人1点まで

【募集期間】
令和2年7月1日(水)~8月31日(月) ※必着


【持参または郵送先】
1.地下鉄各駅窓口に持参(6時~24時)※緊急時はお待ちいただく場合がありますので、予めご了承願います。

2.(一財)札幌市交通事業振興公社 総務企画部に持参(平日8時30分~17時30分)または郵送
札幌市中央区大通西5丁目 地下鉄大通駅西側コンコース内
※郵送の場合は住所不要 〒060-8614(一財)札幌市交通事業振興公社総務企画部「地下鉄・路面電車子ども絵画展」担当

3.電車事業所 1階事務室へ持参(平日8時30分~17時30分)
札幌市中央区南21条西16丁目

日程 2020/07/01(水) ~ 2020/08/31(月)
※募集期間
※必着
開催場所 札幌市内

続きを読む

その他 老いと向き合うpart3

老いを考え、語り合う講座も3期目になりました。回を重ねるごとに、一般的な老後問題から、それぞれの経験や直面している状況へ、より具体的な問題に関心が広がってきました。私はどうしたいのか、どんな選択肢があるのか、そのためには何が必要なのか・・・。自分らしく老いの日々を過ごしながら来るべき死への備えもしたい。そんな中で気になるあれこれを共に語り合いましょう。

※下記の点について従来とは異なる運営になりますのでご注意ください。
<変更点>
① 開催時間が教室の使用量などの関係で13:00~15:00に変更になります。
② コロナウィルスの感染対策のため、定員は15名までとします。そのため、事前申し込み制とします。
講座に参加する方は前もって遊事務局(Tel:011-252-6752)に予約をお願いします。
③ 参加の際はマスクを着用ください。なお体調がすぐれないときは参加をお控え下さい。

●2020年7月3日(金)第1回認知症と向き合う(2)
話題提供 雨宮 恭子(あまみや きょうこ) さっぽろ自由学校「遊」
明日は我が身の認知症。いたずらに恐れずどう共存していくのか。自らの発症を公表した長谷川和夫さん(長谷川スケール・デイサービス等を考案)の映像を見て話し合い
ます。

●2020年8月7日(金)第2回 病と向き合う(1) 病院との付き合い方
話題提供 森脇 栄一(もりわき えいいち)「遊」会員。
合成添加物を使わない食の実践をしている。
過剰検査、薬の副作用、薬草/発酵食品による治療など、森脇栄一さんの経験談をもとに参加者で情報交換したいと思います。

●2020年9月4日(金)第3回 病と向き合う(2) 治すのは自分
話題提供 若月 美緒子(わかつき みおこ)コミカフェ加伊経営 
「自分の体調は自分しかわからない!」と、医者に頼るだけではなく薬や治療法を自分で考えるようになった人は多いのでは。そんな経験を交流しましょう

日程 2020/07/03(金)
開催時間:13:00~15:00
※要申込(定員15名)
※全3回


2020/08/07(金)
開催時間:13:00~15:00
※要申込(定員15名)
※全3回

2020/09/04(金)
開催時間:13:00~15:00
※要申込(定員15名)
※全3回
開催場所 自由学校「遊」

続きを読む

  • 都心部商店街ホームページリンク
  • アクセス・経路検索など
ページ上部へ